浴室等に発生するカビについて

もう梅雨の旬です。そこで気になるのが浴室等に発生するカビです。もしもカビが発生したら藤四郎でしたら浴室の支障や階のみを掃除すると思います。但し、ではカビを全額扶養できたとはいえないのです。なぜならば、際限にもカビは発生するからです。際限に発生した見えないカビの胞子が下に落ちて新規カビを作ってしまいます。際限の扶養こそが最命と言えます。
その際限の扶養のやり方ですが、これは何とも簡単です。薬局等に売っているエタノールを雑巾につけて際限を拭くだけで殺菌をすることができます。これは、エタノールのカビタンパク質分離の営みによるものです。しかしながら、エタノールには漂白営みがないので不衛生まで落としたい側は手間がかかりますが漂白剤を使うことをお勧めします。
扶養に使うエタノールは二種類あり、無水エタノールと殺菌用件エタノールです。前者の物は湿気をちっとも含まない結果、消毒効果がないとされています。なので、殺菌用件エタノールを使いカビだけではなく、その他の扶養や消毒に使うことができます。首ニキビは治ります